マイナンバーカードとは

マイナンバーカードは、プラスチック製のICチップ付きカードです。

券面に氏名、住所、生年月日、性別、マイナンバー(個人番号)と本人の顔写真等が表示されます。

日本国内では、本人確認のための身分証明書として利用できるほか、自治体サービス、e-Tax等の電子証明書を利用した電子申請等、様々なサービスにも利用できます。

特に高齢者を中心に、免許証を返納する動きが強まっており、この場合に身分証明書がなくて困ることから、マイナンバーカードは身分証明書として使われることが多くなってきています。

 

マイナンバーカード(個人番号カード)の翻訳公証が必要な場合とは

国際的に通用する身分証明書(ID)は原則的にはパスポートです。

ただ、手続きによっては、パスポートを1つ目のIDとして、第2のIDとして、運転免許証やマイナンバーカード(個人番号カード)の原本コピーの公証や、翻訳公証が求められる場合があります。

このような場合に、マイナンバーカード(個人番号カード)の公証が使われます。

 

当事務所のサービス

当事務所では、翻訳公証でお困りの方のため、マイナンバーカード(個人番号カード)翻訳公証代行サービスを行っております。

海外の提出先からマイナンバーカード(個人番号カード)の翻訳公証を求められた場合は、どうぞお気軽にご相談ください。

*お名前
*メールアドレス
電話番号
郵便番号
ご住所
翻訳言語(例:日本語→英語)
*ご依頼内容
翻訳の目的(※例:アメリカのビザ申請)
添付ファイル
*納品希望日(※一番遅い日程でお願いします)
提出先の国名・機関名(例:アメリカの入管)
*お問い合わせ内容

スパムメール防止のため、こちらのチェックボックスにチェックを入れてから送信してください。